鳥の笛―Bird Whistle― フェアトレード頒布会

 京都、寺町三条にあるうずらギャラリーで、3週間ほど前にフェアトレードの頒布会があり、そこで買った鳥の笛。

画像






 フェアトレードのチョコレートでも買おうと思って出向いたのですが、当日、私のこころをとらえたのは、この笛でした。

 この頒布会を開いていたのは、立命館大学のbeleafというフェアトレード団体。タイ北部の少数民族に安定した収入と職業を得てもらうためにこの鳥の笛のプロジェクトを支援しているらしい。

 

 タイ北部の少数山岳民族アカ族の女性が、すべて手作りしていているこの笛、いろいろ種類があって、う~ん、目移りしちゃう。すべて、東南アジアに生息する鳥というところもいい。どうせなら、自分が東南アジアへ行った時に、印象に残っているものがいいなあ。

 そこで、選んだのが、ズアカミユビゲラ。

 この笛を吹こうとは思わないけど、かばんにぶら下げて、にんまり。かわいい~。

画像





 商品に説明書きがついていて、そこには、「この商品を購入することは、山岳民族を支援することにつながります。心のこもった素晴らしい商品を手に入れた満足感と、彼らを支援する喜びの二つを感じることができるでしょう。」とありました。

 二つの喜びどころか、ここで、鳥の笛を売っていた、立命館大学の学生たち、私は、彼らも応援しているような喜びに包まれ、三重の満足感に浸っています。

 がんばってね。





画像





 でも、まだまだ、フェアトレードを知る人は少なく、いつも私はさびしい思いをしています。

 フェアトレードのチョコレートを買って、職場などで、配っても、フェアトレード?なにそれ?知らないよ、って人ばかりで。それで、少しは興味でも持ってくれる人でもでてきたらいいけど、そんなことはめったになくて…。

 いつの日か、フェアトレード、知ってる、知ってるっていう人が、どこにでもいるような社会になることを願っています。



画像




画像

 
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • エアマックス 2013

    Excerpt: 鳥の笛―Bird Whistle― フェアトレード頒布会 birds/ウェブリブログ Weblog: エアマックス 2013 racked: 2013-07-09 18:28