有馬温泉 太閤の湯 おまけで六甲高山植物園

 画像



 時間のあるとき、家にじっとしていられない性分なので、5月10日、有馬温泉へ行ってきました。

 名前はよく知っているし、前に六甲山に登った時、ここへ降りてきたけれど、温泉街は素通りして、すぐ駅から電車に乗って帰ったので、どんなもんかな、と思って。

 地図を見ていたら、有馬温泉から六甲へは、ロープーウェイがあって、そこからすぐのところに、六甲高山植物園があるようなので、これは、行くしかないと。

 高山植物園は、前にも行ったことあったけれど、その時は六甲から、六甲ケーブル、そして山上バスを利用しました。

 温泉だけなら、そんなに早く出かけることもなかったけれど、高山植物園まで行くのなら、朝早く出かけようと、心ウキウキ、6時前には、家を出ました。

 「有馬温泉 太閤の湯 クーポン」というのがあって、阪急全線、有馬温泉へ行く神戸高速、神戸電鉄が1日乗り放題、そのうえ、太閤の湯の入館券もついているという、超、得なチケットを前日に河原町の阪急案内センターで2,700円で購入。

 有馬温泉に行くだけでも、片道1,200円、往復2,400円するんで、それだけでも、ほとんど、元が取れてしまう。

 通常、入館料2,400円の太閤の湯は、実質300円!この施設の、ほかの各種割引クーポンでも、大体1,500円前後はするんで、電車乗り放題のこのチケットは、絶対、得!




画像

 8時半過ぎごろ、有馬温泉に着く。少し、肌寒いほど。

 ロープーウェイ駅まで、温泉街を歩く道すがら、近くの渓谷から、オオルリ、クロツグミ、ヒガラ、などのさえずりが聞こえてきました。

 すぐそばでは、センダイムシクイ、キセキレイ、ホオジロ、メジロ、ツバメ…。

 ロープーウェイは、9時半からなので、近くに鼓が滝というのがあって、そこまで、散策路もあるようなので、行ってみることに。

 新緑が美しかった。川のせせらぎとともに、心が和みました。


 9時半近くになって、ロープーウェイ駅へ戻って、乗車。乗客は10人ほど。

  このロープウェイ、太閤の湯のクーポンで、往復1,770円が2割引きの1,420円になるけれど、少し高いかな?

 眼下に、温泉街と神戸方面の展望。

 緑、美しく、六甲山に、こんなに立派な森があること、知りませんでした。ロープウェイの乗務員の説明で、六甲山は、国立公園であることを知りました。


 約12分ほどで、山上駅に到着。

 寒かったんで、用意してきたカーディガンを1枚着込んで、出発。

 ガーデンテラスの展望塔から、神戸の街並み、ポートアイランドや六甲アイランドを眺めました。絶景です。

 風が強く、寒いので、早々に降りて、高山植物園に向かう。植物園へは、15分ぐらいあれば、行けるような距離なので、歩く。

 10時半ごろ、入場。

 湿性植物の濃い色をした花のクリンソウ、黄色のエンコウソウの群落が見事。

 園内の池に架かる橋から、新緑が目にまばゆい。







画像
 ロックガーデンでは、いつもは、登山の折に見る高山植物。登山の時は、あまり余裕がなくて、ゆっくり見ていられないことも多いけど、ここでは、のんびり、ながめていました。

 ミヤマオダマキ、チングルマ、ハクサンチドリ、ヒメシャクナゲ、エゾツガザクラ、ウスユキソウ、コマクサなどなど。山では、7月ごろなのに、ここでは、今5月ごろがピークなんだね。

 ヒマラヤ区では、前回見ることができた、ブルーポピーは、今回は、まだ咲いていませんでした。黄色いケシは咲いていたけれど。

 ヒマラヤのシャクナゲは、咲いていました。ヒマラヤをトレッキングしたとき、ほんの少しだけ咲き残ったシャクナゲの花を見たときのこと、思い出しました。








画像
 ツツジは終わりかけていたけれど、まだ楽しめました。

 シャクナゲの時期にだけ公開されている区域。ホソバシャクナゲが美しかった。周囲の緑も美しかった。


 園内には、キビタキ、メジロ、カラ類、コジュケイ、コゲラ、ウグイス、などの声が、響き渡っていました。

 夏鳥は、ボチボチ来ているようだけれど、ホトトギスなんかはまだだね。ホトトギスは、ほかの鳥に托卵するから、それらの鳥が、卵を産んでからでないと、来ないんだね。

 

 11時半過ぎ、園を出て、ガーデンテラスへ戻る。



 携帯に留守電が入っていて、何かな?と思ったら、先日面接に行ったところからで、今回は採用を見合わせ…だってさ。いい気分だったとき、こんなとき、まったく、悪魔の電話や。別にいいけど、期待してなかったから。


 ガーデンテラスで、フェアトレードの商品を売っているので、のぞく。フェアトレード商品好きなんでね。

 最後にもう一度、眺望を楽しんでから、12:50のロープーウェイで有馬温泉に下る。








画像

 もうこれだけ、楽しんだら、温泉なんて、どうでもよくなったけど、せっかくだから、太閤の湯へ赴く。


 13時半ごろ、入館。

 金泉と呼ばれている土色の湯は温泉らしくてよかった。

 露天風呂は、四方八方、すだれに覆われていて、外はまったく見えず、あまり解放感はなかった。

 湯船は、さほど大きくないので、4~5人入っていると、入れない湯も…。

 平日だというのに、お客さんも多く、ゴールデンウィークは、さぞ、混雑しただろうね。

 元来、日ごろ、シャワー派で、入浴は、好きなほうではないのですが、この日は、のんびり、湯船につかりました。

 岩盤浴もクーポンで割引になったけど、やめました。

 売店でも、割引で買えたけど、別に欲しいものもなかったので、何も買わず。


 15時過ぎぐらいに、チャックアウト。ここでは、1円も使うことなく。

 フロントの係員はほかのお客さんに、「またお越しください」とか言っていたけれど、ほとんどタダで、入館して、館内で、何もお金を使わなかった私には、「また、お越し…」のフレーズは、なかったね。そんな言葉言われても、別にうれしくもないけど。 



 15:39、有馬温泉駅より、電車に乗る。


 18時ぐらいに、京都へ帰ってきました。
 


認めた鳥


 キジ
 コジュケイ
 コゲラ
 ツバメ
 キセキレイ
 ヒヨドリ
 クロツグミ
 ウグイス
 センダイムシクイ
 オオルリ
 キビタキ
 エナガ
 シジュウカラ
 ヒガラ
 ヤマガラ
 メジロ
 ホオジロ
 カワラヒワ
 スズメ
 ハシブトガラス
 

 

 
 
  

 



るるぶ六甲山 (国内シリーズ)
ジェイティビィパブリッシング

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by るるぶ六甲山 (国内シリーズ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック